オーブンや乾燥庫は熱源によりガスと電気に分類されます。
ガスは水分を含んでいるので比較的しっとりと焼くのに向いています。
電気は安全性に優れておりますが電気容量が大きいため、設備の確認が必要な場合もあります。

またオーブンは商品を上火と下火の両面で焼き、それぞれの温度を制御できる
ものと、熱風を循環させて焼く方式(コンベクションオーブン)があります。