呉汁を袋に入れて搾ります。

搾りが強いほど水分が抜け水分量が安定するので、餡の練上がりにばらつきがなくなります。