包装することによってお菓子の乾燥または湿気を防ぎ、さらに脱酸素剤などを入れることによって日持ちと
品質保持の役割を果たします。

また包装を機械化することによって省人化でき、人手の接触が減るので菌の増殖も抑えることができます。